アーティスト紹介

ハウラ

1996年サマワで生まれる。
9歳の時に白血病を患い、JIM-NETが支援するバスラの病院で2年間の闘病生活を送る。つらい治療中にも、たくさんの絵を描いた。また、東日本大震災の時には「白血病が治ったのは日本のおかげ、今度は私が日本の人たちを勇気づけたい」とたくさんの赤い素敵な絵を描いてくれ、その絵はチョコ募金のパッケージにもなった。
病院が近くにないので、300㎞はなれたバスラまで通っていた。
多くの子ども達が死んでいく中、彼女は5年間の治療を終えて生き残った。その姿は子どもたちに勇気を与えている。
絵本「ハウラの赤い花~イラクの少女が願ったこと~」新日本出版社より好評発売中。

作品

グッズ

アーティスト一覧

PAGE TOP