瓦礫だらけの病院の庭に唯一咲いていた「戦場のたんぽぽ」

2017年1月までイスラム国(IS)に占拠されていたモスルの小児がん病院は、焼け焦げ、弾痕とがれきが散乱したままでした。
占拠される前はたくさんの花が咲いていた病院の庭には、唯一たんぽぽだけが咲いていました。


 枯れ地にも顔を見せるたんぽぽは、花が枯れても、綿毛となって、遠くまで種を飛ばし、やがてまた花を咲かせます。
そんなたんぽぽの綿毛のように、チョコ募金にご協力くださる一人一人の想いが命につながり、平和の種が子どもたちに届くよう、今回のデザインが完成しました。

チョコ募金とは?

「チョコ募金」は、2006年から毎年おこなっている
冬季限定の募金キャンペーンです。
寄付のお礼にチョコレートをプレゼントしています。

チョコ募金は以下の活動に使われます。

  • イラクの小児がん医療支援
  • シリア難民・イラク国内避難民支援
  • 福島の子どもたちを放射能から守る活動

チョコ募金には、毎年大きなテーマがあります。
今年のテーマは「戦場のたんぽぽ」です。

絵を描いてくれた子どもたち

ラワン(9歳)

モスルから南に下ったシャルカートという村の出身。
2017年8月にがんと診断され、抗がん剤治療を始めたが、全く効かず、隣国ヨルダンのキングフセインがんセンターで検査を受けた。検査費用をJIM-NETで支援した。
アブデルアジーズ(16歳)

イラクのマクムール出身。
インドで骨髄移植を受け、がんの治療を終え3年ほどが経っており、現在は定期健診に通っている。
学校で友人たちにからかわれたのをきっかけに、引きこもりがちになってしまう。精神科の治療を受けられるように、病院の送り迎えや薬代を支援している。
ルナーヒー(8歳)

シリア出身。兄のドルバン(20歳)がノンホジキンリンパ腫で、イラクの病院に入院。お見舞いに来ていたので、たんぽぽの綿毛を描いてもらった。
彼が亡くなった後には、難民キャンプで友人たちが28のサッカーチームを集め「ドルバン・カップ」を開催した。「お父さんがいつも同じ服を着ているのが申し訳ない。新しい服を買ってあげたかった」と言ってくれたことを父は誇りにしている。
ローリン(18歳)

シリアのカミシリ出身。2011年にシリアの内戦が始まり、2012年のクリスマスに神様が届けたのは、皮肉にも「白血病」という贈り物だった。紛争によりシリアでの治療をあきらめ、イラクへ渡る。
一時は生命が危ぶまれた時もあったが、現在は家族の仕事を手伝うまでに回復した。2016・17年度にもローリンの絵はチョコ募金に使われた。

JIM-NET代表理事 鎌田 實(医師)

まもなく支援を始めて15年。更なる応援が必要です。 JIM-NETはまもなく15周年を迎えます。
現在はモーテルや事務所を借りて運営してきたJIM-NETハウス(患者・家族の総合支援施設)ですが、この記念すべき年に、アルビルのナナカリー病院敷地内に建物が建設されることとなりました。
小児白血病の治療には2年半~3年ほどが必要です。
その間、学校に通えず勉強が遅れたり、がんに対しての無理解による周囲の差別などで復学できない子どもたちもいます。
これまでの医療支援に加え、がんサバイバー(経験者)の若者たちの心のケアや学習援助なども充実させていきたいと考えています。

皆様の、チョコ募金のご協力をよろしくお願い致します。

セットについて

セットは写真のような形でお届けします。
チョコ缶とカードが1組ずつ小袋(OPP袋)に入っています。

昨今の配送料金の高騰により、募金者の皆様のご負担にならないよう、付属のカードの大きさを小さくしました。

(チョコ缶やチョコレートの内容量に変更はありません。)
北海道の六花亭の美味しいチョコレートです。
かわいいハートの形をしたチョコレートが10枚入っています。
(ミルク4個、モカホワイト4個、ホワイト2個)




1セット 4缶入り 2,200円

※ 大変申し訳ございませんが、配送手数料は募金者様にご負担いただいております。

配送手数料
ゆうパケット(1セット)250円
ゆうパケット(2~3セット)350円
ゆうパケット(4~5セット)400円

※「ゆうパケット」はポストへのお届けとなります。ポストに入らない場合は対面でのお届けとなります。ご不在の場合は不在通知が入ります。

宅配便(6セット以上。※1~5セットもお申し込みいただけます。)650円

※最適な方法を選んでお届けします。宅配業者はお選びいただけません。

カードデザインのご紹介 (クリックすると拡大します)

  • オモテ面
  • ウラ面

カードは4缶とも同じデザインです。
カードの裏面に描かれているのは、モスルのワサン先生です。
黄色の缶のたんぽぽを描いたラワンの絵です。
ワサン先生はとてもすごい女性です。
底抜けに明るい性格で、IS(イスラム国)に占領され、逃げ出す医師もいた中、モスルに残って治療を続けました。そして真っ黒焦げになった病院の煤を削って、花柄の壁紙を貼って、ヨーロッパのホテルのようにしてしまいました。
検問で止められても「子どもたちに薬を届けるのよ」と、その話力にみんな尊敬して道を通してくれます。
ラワンにとって、ワサン先生は憧れの存在です。

ポストカード募金もいかがですか?

ポストカード(3枚セット300円)も一緒にいかがですか?
チョコをプレゼントする際のメッセージカードや大切な方へのお手紙にお使いいただけます。
ポストカードのみでもお申し込みいただけます。

  • ※チョコと同送の場合、配送手数料はチョコ募金の配送料に含まれます。
  • ※ポストカードのみをお申し込みの場合:配送手数料は90円です。
    (20セットまで。20セット以上はコールセンターか事務局にご相談ください。)

缶に書かれている【I am not ephemeral】 について

「わたしは、はかなくない」
イギリスのデザイナー、アレックス・リッチが、JIM-NETの活動とイラクのがんの子どもの花の絵を見て、Tシャツを作ってくれたことがありました。
そのTシャツに使われた言葉です。
戦争の中の子どもたちは、みんな必死で生き抜こうとしています。

これからもチョコ募金は、子どもたちの命の輝きを伝えていきたいと思います。
イラク、福島、シリアを結ぶチョコ募金を、今年もよろしくお願い致します。

寄付をする
PAGE TOP