コロナに負けず、チョコ募金を今年も行います。

JIM-NET代表 鎌田 實(医師・作家)

JIM-NET代表 
鎌田 實(医師・作家)

コロナに負けず、チョコ募金を今年も行います。

コロナとの闘いが、日本でもイラクでも長期戦になってきました。

世界がこんな状況で、支援の先細りが心配です。
中東は「世界の火薬庫」と言われ、どこかで平和の近郊が崩れると、戦争が始まる可能性があります。
少なくとも、平和を目指している国がひとつでもあることが、中東全体の安定のために大事です。今まで以上に支援が必要だと思います。

JIM-NETがこの16年、がん・白血病の子どもや難民キャンプの子どもの命を救ってきたことは、イラクのテレビや新聞でも何度も取り上げられ、大きな評価を得てきました。
この募金で、イラクの4つの小児がん病院に薬を送ること、難民キャンプの妊産婦にエコー検診を行うことができます。
また、2年目を迎えたJIM-NETハウス(小児がん総合支援施設)で、学校の先生が教育支援をしてくれたり、貧困の患者さんの支援をしたり、このチョコ募金がJIM-NETの取り組んでいる活動の温かな支えになっております。
福島の子どもたちの検診や保養などを行っている団体への助成も行うことができました。
今年もぜひ温かな応援をよろしくお願いします。

お知らせinformation

今年度(2020年度)も11月中旬より受付スタートを予定しております。
皆様、どうぞ楽しみにお待ちください!

チョコ募金とは?

「チョコ募金」は2006年から毎年行なっている
冬季限定の募金キャンペーンです。
ご寄付いただいたお礼に六花亭のチョコレートをお贈りしています。
皆さまの温かいご支援のお陰で、今年で16回目を迎えることができました。

チョコ募金は以下の活動に使われます。

  • イラク小児がん支援イラクの5つの病院への薬代などの支援・貧困患者支援・医療従事者研修など
  • JIM-NETハウス(小児がん総合支援施設)の運営患者やサバイバーの教育支援・心理ケア・家族の宿泊場所の提供など
  • シリア難民支援イラクおよびシリアの難民キャンプへの医薬品支援・妊産婦支援・女性のワークショップなど
  • 福島支援福島の子どもたちを放射能から守る保養や検診などの助成(福島基金)

絵を描いてくれた少女たち

エリーン
エリーンシリア北部ラース・アル=アイン出身・6歳・白血病

物価の高いイラクで、お父さんはいくつもの仕事を掛け持ちしながら家族を支え、なんとか生活を送っています。エリーンは感染症の心配があるため、通院以外で外出できずストレスを感じています。
2020年初め、骨髄移植を受けることができ、現在は経過観察中です。エリーンの健康状態に問題がなければ、今年中に家族でシリアに帰り、以前の生活を取り戻したいと、彼女のお父さんは語っています。

ディルガシュ
ディルガシュイラク アルビル県出身・12歳・白血病

2019年、突然体調が悪くなり学校も休みがちになり、歯にも痛みを覚えたことでいくつかの検査を受け、白血病の診断を受けました。
「女の子はお花のようにかわいいお姫様でしょ!だからお花にティアラをかぶせてあげたの。」と、この絵を描いた時に話してくれました。絵を描くことや、スマホのゲームで遊ぶことが大好きだったディルガシュ。最後までつらい治療にも前向きに取り組んでいましたが、2020年9月3日、天国へと旅立っていきました。

シャグール
シャグールイラク アルビル県出身・15歳・白血病

2019年初めに白血病と診断をされ、現在も病院で治療を受けながら、自宅で療養しています。
絵を描くことが大好きで、病院に来る際にはいつもJIM-NETハウスの院内学級やアクティビティに参加してくれています。彼女は、治療を開始してから学校に通えていません。また、日雇い労働者として働いていたお父さんも脳卒中で倒れてしまい、家族の経済状況も悪くなっています。

ザイナブ
ザイナブイラク キルクーク市出身・16歳・白血病

ザイナブは、お母さんのお手伝いをきちんとする、手芸が好きな普通の女の子でした。しかし、2019年秋に脚の痛みを覚え、最初はリウマチとの診断を受け、薬をもらいましたが、痛みがひかないことから再度検査を受けたところ、白血病と診断を受けました。
治療の毎日に疲れ、髪が抜け落ちたことやコロナ禍で外出ができなくなったことに疲れてしまったザイナブは、今は家に籠りがちになり、寝てスマホを触るだけの毎日を送っています。

発送内容について

セットは写真のように、4缶1セットですが、チョコ缶とカードが1組ずつ小袋(OPP袋)に入っています。

北海道六花亭の美味しいチョコレートです。
かわいいハートの形をしたチョコレートが10枚入っています。
(ミルク4個、モカホワイト4個、ホワイト2個)

1セット 4缶入り 2,200円

※ 大変申し訳ございませんが、配送手数料は募金者様にご負担いただいております。

配送手数料
ゆうパケット(1セット)250円
ゆうパケット(2~3セット)350円
ゆうパケット(4~5セット)400円

※「ゆうパケット」はポストへのお届けとなります。ポストに入らない場合は対面でのお届けとなります。ご不在の場合は不在通知が入ります。

宅配便(6セット以上)
※1~5セットもお申し込みいただけます。
650円

※最適な方法を選んでお届けします。宅配業者はお選びいただけません。

お届け先の指定について

コロナ禍でなかなか直接会って手渡しするのが難しい・・・。
そんな声をいただき、今年はお届け先をご指定頂けるようになりました。
お友達にぜひお贈りください。

※後払いの場合、ゆうちょ銀行の振込用紙をお申込者宛にお送りするため、手数料100円のご負担をお願いしております。

※ラッピング対応はしておりませんので、ご了承ください。
「○○様よりプレゼントです。」というメッセージを添えてお送りします。

カードデザインのご紹介(クリックすると拡大します)

  • ウラ面
  • オモテ面
  • 中面

ポストカード募金もいかがですか?

ポストカード(3枚セット300円)もいかがですか?
チョコレートをプレゼントする際のメッセージカードや大切な方へのお手紙にお使いいただけます。
ポストカードのみのお申し込みも承っております。

チョコ募金運営協力

チョコレート製造:株式会社六花亭

缶製造:古茂田工業株式会社

発送作業:複合福祉施設KFJ多摩 はなみずき

缶・カード・ポストカードデザイン:筑波学院大学メディアデザインコース

チョコ缶撮影:髙橋まゆみ

WEB製作:SEO株式会社

PAGE TOP
♥お申し込みはこちら