ご挨拶

代表:鎌田 實よりご挨拶

2004年8月、イラクの隣国、ヨルダンでイラクのドクター10人と、2日間の医療支援会議を開きました。1990年ころまではヨーロッパと同じようなレベルの医療が行われていました。イラクの医師たちの能力は信頼できることがわかりました。

湾岸戦争で使われた劣化ウラン弾が、子どもたちの白血病の増加を招いていると、医師たちは推測していました。確かに91年を境に小児がん、特に急性リンパ性白血病が増えています。南部では、無脳症などの先天性異常の増加も顕著でした。しかし、証明のできるようなデータがありません。2回の戦争と10年続いた経済制裁で、調査ができていません。

どんな薬が足りなくて困っているかがわかりました。どんな医療機器が緊急に必要なのかもわかりました。世界から支援がほとんど入っていません。支援はタイミングが大切です。死に掛けている子供も、その家族も、治療している医師たしも、今が一番つらいと言っています。今、救いの手が欲しいのです。子どもたちの命は待ってくれません。 ヨルダンのアンマンから、イラクのバクダッドへの運搬ルートもつくりました。10月下旬には、第一弾として、4500万円分の医薬品や医療機器を届けました。本物の人道支援って何かを考えていきたいと思っています。イラクの子どもたちの治療薬が、日本から届くことで、平和へ向かう空気がつくられると信じています。2005年2月には第3陣の救援として、新しい医療器材を送り、血液を分離して血小板輸血ができるようにしてあげます。これで、小児がんや白血病の子どもたちの救命率が大幅に改善すると思います。

軍隊を増強して、相手を黙らせるのではなく、支援の手をさしのべることで、暴力の連鎖や、恨みの連鎖から抜け出せるのではないかと希望を持っています。

事務局長:佐藤 真紀よりご挨拶

イラクでは、1991年の湾岸戦争と2003年のイラク戦争で使用された劣化ウラン弾の放射能が原因で小児がんが増えていると言われています。 しかし、イラク戦争後復興は進まず、治安はよくなりません。 日本では、80%以上が治ると言われている小児白血病ですが、薬の不足や病院の衛生環境の悪さが原因で多くの子どもたちが命を落としています。

2004年、バスラから来日したジナーン医師は、支援を訴えました。しかし、紛争地で活動することや、小児がんの支援は専門性が必要です。治療期間も2-3年かかります。 そこで、すでにイラク国内で活動を行っているNGOや専門医たちが中心となり支援のためのネットワークが立ちあがったのです。 支援内容は、薬の支援や、技術指導を中心に、貧困患者の通院費支援などを行い生存率向上を目指しています。 また、院内学級で子どもたちに読み書きや勉強、お絵かきを教え、希望を与えることにも力を入れてきました。

2006年からは、小児がんの子どもたちの絵をつかったチョコレートをバレンタイン期間中の募金者にプレゼントする「限りなき義理の愛大作戦」がはじまり、好評を得て今では、大きな財源になっています。

その他、イラク国内での難民支援や、2008年のバスラの内戦では緊急支援を実施。 2011年の東日本大震災では、いち早く石巻や福島で支援活動を行いました。 2012年には、シリア内戦終結を願いながら、難民支援をヨルダンと北イラクで開始。 特に福島に関しては、緊急支援にとどまらず、「国内外を問わず放射能汚染から人々を保護するために必要な活動を行う。」という一行を定款に付け加え、継続してかかわることを決定しました。

PAGE TOP