ニュース

福島を元気にしたい。震災から7年、さあこれからだ!

Category:

7年間福島にかかわって来ました。自分に何ができたかというと、最初の1,2年は、がむしゃらに福島に通って除染を手伝ったり、放射能測定所を支援したりして一緒に放射能のことを考えてきましたが、自分の無力さをむしろ時間が経つほどじわじわと感じるようになりました。数年前からは、チョコ募金を使って現地で頑張っている人たちを後方支援しようと取り組んでいます。

 311、サッカーJ3の福島ユナイテッドFCの開幕戦を観にいくことにしました。この日は、スタジアムで311の追悼記念のセレモニーが行われます。特別な日ということで、JIM-NETも応援に駆け付け普段募金のお返しに使っているチョコレートを1000個プレゼントすることなりました。ユナイテッドの選手たちと一緒に募金も呼びかけさせていただくことに。お目当ての選手にサインをもらおうと募金してくれる子どもたち!この日集まった募金は27,031円でした!ありがとうございます。


この日に配るチョコの袋詰め作業のボランティアを呼びかけたところ、サポーターの方が2名東京の事務所に来てくださりました。新たなつながりができました。
福島ユナイテッドのユニフォームは赤ですが、ピンクは2017年の夏のモモのシーズン特別仕様のレアユニフォームです!

こちらピンクのサカベコは、サンデーモーニングでおなじみの唐橋ユミさんに書いていただきました。お尻には福島応援のメッセージ。唐橋さんは会津出身。チョコ募金のサポーターでもあります。

試合は、開始早々にPKで1点を失いましたが、後半に樋口選手のゴール、そして85分にクロスに上がってきた岡田選手がヘッドで落とし、樋口選手が体を張って相手ディフェンダーをブロックして、落としたところに二ウドが走りこんでシュート!見事逆転に成功しました。
試合終了後は、14:46、あの日のあの時間に合わせ、黙祷が行われました。
多くの人が放射能と風評被害、そして意見の違いにバッシングされ、苦しんできました。
しかし、この瞬間、会場は一つになれました。
感動が、困難を乗り越える。そのためには、ボールを蹴り続けなければならないというとですね。
そして、3.21の鹿児島戦でもJIM-NETは1000個のチョコを配ることにしました。
3月はあの日のことを忘れずに、皆が力を合わせて平和な社会を作っていけたらいいなと思います。

ニウド選手の決勝ゴール(サカベコバージョン)はこちら↓

https://www.facebook.com/JIMNet2016football/videos/867101600144058/

3月のチョコ募金。
福島ポストカードが付いてきます。
申し込みはこちら⇒https://www.jim-net.org/support/choco_donation/

 

PAGE TOP