ニュース

クリスマスにチョコをプレゼント!アルビルの子どもたちへ♡

Category:

日本のみなさん、こんにちは。アルビルのアーデルです。
こちらのクリスマスは、キリスト教徒だけでなく、新年のお祝いとして、1月過ぎてもしばらくはクリスマスツリーなんかが町に出ています。
今日バスラのスースに電話したらバスラの病院では、1月1日にサンタクロースが登場するらしいです。今準備中といってました。
毎年アルビルでは、鎌田先生がサンタクロースで登場していましたが今年はいらっしゃれないとのこと。ちょっと寂しいです。

さて、以前も紹介した、アーデル君4歳(私と同じ名前です!)
https://www.jim-net.org/2017/11/10/1509/

1225_1

モスルのバイジという村からアルビルのコシュタパというところになんと18人で暮らしています。
この町の一角には、モスルからの避難民がたくさんいます。
バイジは、イスラム国から解放されたものの、軍事管理下に置かれているらしく、一般の人は帰れず、ガイヤラにできた避難民キャンプで暮らしていますが、アーデル君が病気だということで特別にアルビル市内で暮らしています。
お父さんは60を超えているので働くのは難しく、息子たちが日雇いの仕事をして何とか食いつないでいますが、今日も、約500ドルほどの薬を買わなければならなかったそうで、JIM-NETが素の薬代を支援しました。

1225_2

1225_3

1225_4

1225_5

1225_6

事務所にあったチョコを持っていって差し上げました。子どもたちあっという間に食べてしまいました。
いつもは、痛くて、苦いが日本からの支援で届けられるのですが今日はあまーいHappy なチョコでした。

1225_7

タグ: , , , ,

PAGE TOP